希望が多いと転職活動期間が長くなる

 前の会社が倒産してから次の就職までに9ヶ月かかった友人の体験談です。私の友人が前に務めていた会社は外資系の美容グッズの輸入をしていたのですが、社長や工場長の管理がずさんだったので倒産してしまいました。

 友人は実家暮らしだったのと失業保険を貰えたのでそこまで切羽詰った感じではなかったです。倒産から1ヶ月くらいして就職活動を始めたようなのですが、趣味でパーティーなどのイベントをやっていてそれが忙しくなかなか本気で仕事を探す事が出来なかったそうです。

 また友人は働くことが基本的に嫌いで特に勤怠に厳しい会社や服装の自由がないと続かない方だったので、なかなか自分の条件にあう仕事が見つかりませんでした。

 イベントプランナーをしつつ失業手当で暮らして5ヶ月が過ぎたくらいに、両親からちゃんと仕事を探しなさいと言われ本格的に就職活動を始めました。転職サイトで探して面接を受けつつ、イベントで作った人脈にあたったりもしていました。しかしいくつか受かった会社が、規則は緩いけれど残業が多いや服装も働き方も自由だけどお給料が低いなどどれも希望に合いませんでした。

 最後に受けた会社がやっと、規則が緩く服装も全く自由ではないけれどセミカジュアル程度という会社に落ち着きました。ずっと話を聞いてきた私としてはせっかく見つけた会社のなのだから長く勤めて欲しいと思います。

<関連>
33歳転職に利用しやすい求人サイト人気ランキング
33歳の転職チャンスを逃すな!